返済できないと悩んだらまずご相談ください

専門家に依頼すれば一旦督促は止まりますが、一時的なものなので、速やかに債務整理手続きを行なう必要があります。

借金が膨れ上がり、返済することが困難になってきた段階で1番辛いことは
消費者金融やカード会社などの、債権者からの取り立て行為ではないでしょうか。

借金の返済がどうにもならないとお悩みの方は、いち早く専門家に相談することをお勧めします。
司法書士に債務整理を依頼してしまえば、債権者は本人に対して直接取り立てをすることができなくなります。
“返済できないと悩んだらまずご相談ください”の詳細は »

法律の改正とそのごの債務整理

消費者金融にとって、つらく、借り手にとってはいい改正かもしれませんね。

いろいろ変わる点を過剰下記にして見ましょう。

過剰貸付けの抑制(総量規制)
利息制限法改正(利息制限法所定の制限利率(15%-20%)と出資法所定の上限利率
“法律の改正とそのごの債務整理”の詳細は »

債務整理で主婦などの収入が無い場合はどうして借りれたの?

主婦が借りる範囲の規定は強化されたが債務整理でなおかつ返せない場合や過払いが発生していることもあります。

債務整理するのはサラリーマンや自営業などの収入がある人だけではありません。
“債務整理で主婦などの収入が無い場合はどうして借りれたの?”の詳細は »

信用を登録させる情報機関という制度と債務整理

借りすぎや現状把握のためにも、債務整理の履歴も開示できる信用情報機関データを用いた統一化が貸す側の金融機関でも義務付けられています。

あなたの債務状況は通常金融機関共通の履歴として信用情報を共有化しています。
“信用を登録させる情報機関という制度と債務整理”の詳細は »

過剰貸し付けへの対応と債務整理のこと

悪質な取立や過剰な金利で苦しむ人は改定法によって債務整理も以前より進めやすくなっています。また借りる側でも自分の返済に見合った借り方をすることができ借りすぎを防げます。

過剰貸付は債務整理に大きな壁を今まではもたらしていました。その規制の強化として以下の具体的な定めが義務付けられました。これにより債務整理が更にスムーズになったことは言うまでもありません。
“過剰貸し付けへの対応と債務整理のこと”の詳細は »